www.qcomedyfest.com

-

-

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利幅を狙う商品です。価格は、1日中変動しています。これが為替市場です。インターネットを見ていると為替レートのニュースが流れます。よく見るのが「現在のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを示しています。つまり、売り買いには買いと売りの2つの価格があります。売値のことをビット、買値の事をアスクと表示しているFX取引会社もあったりします。普段は買値よりも売値が安く設定されています。投資家が買値は高く、売値は低くなっています。この差額をスプレッドといい、会社の収入とされています。スプレッド幅はFX業者によって違います。スプレッドの幅はあなたにとって経費になるので狭いFX会社をセレクトするほうが得です。ただ、同じFX業者でも場合によってスプレッドの狭さは変化します。例えばドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドであるとしても為替相場の変動がとても大きい場合には3銭、4銭になったりします。そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じく変わらないのが大事です。動かないスプレッド幅を提示する業者もいくつも存在します。リアルに業者の売買画面内で現実の為替相場を確認しなければ見分けられないのでわずらわしいですが肝心な事です。大切な資金を投じてトレードをするのですから、実際の売り買いの前に、興味を持った業者の取引口座開設を全てして、スプレッドを見ておきましょう。同じ通貨の組合せ、その時間帯の状態によって、通貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。いつもは銀行間取引で売買高が多い通貨ではスプレッドの幅が狭く、残りの通貨ペアではスプレッドの差が拡大する事があります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.qcomedyfest.com All Rights Reserved.