www.qcomedyfest.com

-

-

外為取引については取引所取引というものがあります。通常のFX(外国為替証拠金取引)業者とトレードを実行するという行動を「店頭取引」と呼ぶのですがこの取引に関しては取引所を通行させないで売買の目標は外為取引(FX)業者になります。「取引所取引」というのはFX(外国為替証拠金取引)業者はとはいっても橋渡し役でありますので、直接の売買目標は取引所という意味になっています。この違いをこの場でちょっと比較してみましょう。初めに「店頭取引」の場面は一時預かりしているお金はFX会社に管制されています。反面「取引所取引」の次第、資金は総額取引所に預託しないとならないと決められているのです。そうすることによって万が一外国為替証拠金取引(FX)業者が経営破たんしてしまう経験が万が一あったとしても後者は、取引所によって証拠金が総額防護してもらうことになります。店頭取引の場合はFX(外国為替証拠金取引)企業が管制しているため、場面によっては企業破産の跳ね返りをに見舞われて託していた証拠金はガードされずなのです。また税金の面からも2つには取り決めに差異があります。「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として労賃と加算して申請せねばなりません。一方確定申告しないで大丈夫な場合もあるみたいですのでわが身に相応するか当てはまらないかよく検討をお願いします。もしかしてあなたが勤め人でサラリー二千万円以下、給与の所得以外の実収が20万円以下(2.3の会社から給料の所得がないこと)というようなのような条項を満たしているのなら特別として確定申告は不要になります。外為利益が20万円以上の次第は確定申告をするようにして下さい。税金の度合いは収益に反応して5〜40%の6つの段階に等分されており所得が高いならばtaxも上がります。「取引所取引」では、利潤があった際には他の所得とは別で考えておいて「申告分離課税」の的になります。税金の率は一律20%となりますがもし損失が定まったのであるならば「取引所取引」の益として損金分を翌年以降に先延ばしすることができるのです。上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格なタックスになるケースもあるので照らし合わせて見ていった方が良いでしょう。中でも未経験者のケースは、JASDAQ株価の上がり下がりや円相場に日ごと注視して、もうけや損分に一喜一憂する事で、税金を支払わなければならないという物事を忘れがちになることもありますので、気をつけましょう。赤字は困ります。でも、所得が上がれば税金についても増加するので注意と自覚が大切です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.qcomedyfest.com All Rights Reserved.