www.qcomedyfest.com

-

-

ここでは為替取引というもののベーシックな理由についてのお話をしたいと思います。為替の市場を簡潔に説明すると「自分で現金の送らないでもお金の受け渡しの望みを為し遂げること」になります。日常的に為替市場というものはたいてい外為を言及する事が多いのです。外為といえば国と国の金の引き換えを行う事です。他の国へ旅行(スペイン、アメリカ合衆国)をしたならばたぶん国際の為替の取引の経験があるはずです。銀行窓口に行って他の国のマネーに取り替えするならば、それはまさに為替なのです。為替の相場とは何かと言うと買う人と売ろうと思っている人の金額を表示したものです。銀行間のやり取りの末に決まってくるものです。それはマーケットメイカーと呼ばれる世界中で指定された複数の銀行であります。為替相場はいろんな余波を受けながら引き続き時間とともに変わって行きます。為替相場を変動させる引き金は、ファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズの意味とは経済の動き、経済の基本や様々な要素のことを言います。経済成長率や景気状況、物価、失業者数、重要人物の言葉など複数の要素が影響して為替のレートは変動し続けます。特に貿易収支や失業率は重要です。貿易収支というものは日本の中では財務省の指図で中央銀行(日本銀行)輸出入統計を叩き台として集計した外国との一定期間のトレードを書き留めたものですです。国際収支は中央省庁や日本銀行のホームページ等で確認することができます。就業者の統計、失業者の数も重要視されることが多い理由だと言われます。中でも米の就業者の統計はポイントとされます。毎月公にされ、調べる内容が幅の広い点がポイントです。為替の変動は景気の動向であると言えます。経済活動の変化を調査することによって為替のレートの状況の見極めが可能と結論付けられます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.qcomedyfest.com All Rights Reserved.