www.qcomedyfest.com

-

-

自動車の事故に巻き込まれた際、事故の被害者であるにもかかわらず事故を起こした相手が非を全く納得しないという事例はかなり多くあります。仮定として、意図的に起こしたかったのではなく注意不足でぶつけた場合などにこうした押し問答につながってしまう状況があります。とは言っても事故現場で物損として片付けられ、数ヵ月後に体の変調が出てから、行った病院の診断書を警察に出すということは後手後手に回る感は否定できません。それなら自動車での事故の過失割合の確定にはどういう基準が存在するのでしょうか?正しく説明しますと警察が確定するのは、核として自動車での事故の大きな手落ちが認められるのはどちらのドライバーかという責任の所在でありどちらに何割過失があるのかということではないのです。さらに言えば、最終的に決定された責任者が警察から公表される事は全くありません。よって、過失割合は事故当事者の交渉の結果で決められた、それが賠償の算定基準と判断されます。この場面で、当事者同士が任意の保険に入っていない時には、両方がじかに相談します。されど、当然そういう方法では、感情的なやり合いになるケースが多いです。さらに、お互いの意見に隔たりがあれば下手をすると、係争にまで入りますが、それでは年月とお金の計り知れない負担を避ける事ができません。なのでほとんど、それぞれの運転手についている自動車の保険の会社に、その互いの自動車の保険の会社に交渉を頼む手立てを用い、適当な「過失割合」を慎重に決定させます。この時には自動車保険の会社は、過去の事故の裁判の判断から導き出された判断基準、判例タイムズ等をベースに推定と調整で過失の割合を算定します。と言っても自動車の事故の際には、遭遇したのか巻き込んでしまったのかを考える前に、真っ先に警察を呼ぶのが原則です。その後で、保険の会社にやり取りをしてこの先の調整を委任するのが順序になります。正しい仕組みさえ知っておけば、両方の無益な交渉となる状況を未然に防止できるに違いないのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.qcomedyfest.com All Rights Reserved.